クネヒト、国内の大小さまざまなあらゆる種類のイベント情報を集約し、一括検索できるサービス「Knecht イベント」を開始

株式会社クネヒト(本社:東京都千代田区 代表:萩原直人)は、国内の大小さまざまなあらゆる種類のイベント情報を集約し、一括検索できるサービス「Knecht イベント」を開始したことを発表いたします。

Knecht イベントでは、究極のイベント情報サイトを目指してさまざまな取り組みをおこなっており、独自技術の収集プログラムによるインターネット全体(アーティスト公式サイト,インディーズ,ブログ等)の把握を進めています。

興味のあるアーティストのライブ、コンサート、フェスティバル、セミナー、展覧会等のイベント開催情報を調べるときには、いままでどのようにしていましたか?

大手のチケット販売サイトにある開催情報を調べ、もの足りなかった場合には検索エンジンでインターネット全体を検索していたかもしれません。

しかしながら、多くのユーザーが経験から知っていることですが、大手のチケット販売サイトに登録されるイベント情報はごく少数で、そのほか大多数のイベント情報はアーティスト公式サイトやブログ等に散らばっているのが現状です。また、検索エンジンを使って検索しようにも、SEO(サーチエンジン最適化)されたスパムサイトや無関係なブログ等が結果を占領しているため、そこからイベント情報だけを選別するのは困難です。このためユーザーは、大手のチケット販売サイトに登録されるような大きなイベント以外の情報はほとんど見逃してしまっていました。

Knecht イベントは上記の利便性を改善するサービスです。

下記に挙げる大手サイトに登録されるイベント情報、インターネット全体(アーティスト公式サイト,インディーズ,ブログ等)のイベント情報を随時チェックし、Knecht イベントの情報を最新状態に保つようにしています。 また、Knecht イベントに手動でイベント情報を登録することも可能です。

なお現在、Knecht イベントが収集対象としている大手サイトは、下記の4サイトです。

  • Yahoo! 地域情報
  • るるぶ.com
  • 電子チケットぴあ
  • ローソンチケット

今後、当サービスが把握対象とする大手チケット販売サイトの充実や独自収集プログラムの精度向上を図り、ユーザーにより豊富な選択肢の提供をおこなっていきます。

Knecht イベント

図書館とアマゾンの連携マッシュアップ・サービス「クネゾン」、蔵書状況の把握数が5,000万冊を突破

株式会社クネヒト(本社:東京都千代田区 代表:萩原直人)は、同社の図書館とアマゾンの連携マッシュアップ・サービス「Knezon [クネゾン] 」が把握する、各図書館の蔵書状況が5,000万冊を突破したことを発表いたします。

Knezon [クネゾン] では、究極のマッシュアップを目指してさまざまな取り組みをおこなっており、そのうちのひとつとして、Amazonアソシエイト・プログラムにより提供されている書籍検索APIと図書館の蔵書状況を紐づけるプロジェクトがあり、独自技術による収集プログラムによる蔵書状況の把握を進めています。

Knezon [クネゾン] はここで収集した蔵書ステータスを、書籍検索エンジンとマッシュアップすることで、ユーザーに書籍の新しい入手手段を提供しています。

サンプル: 「漱石」を「東京都新宿区立図書館」で検索

従来のKnezon [クネゾン] による図書館とアマゾンの連携方法は、ユーザーが探してる書籍について最寄り図書館の蔵書ページへのリダイレクトを単におこなっているだけでした。今回の機能強化により、ユーザーはKnezon [クネゾン] で書籍を検索すると、書籍の基本情報(書名・著者名・価格・レビュー等)に蔵書ステータスが併せて表示されるため、その書籍が最寄り図書館で確実に蔵書されているかどうかを、図書館のウェブサイトを訪れる前にわかるようになります。

なお現在、Knezon [クネゾン] が蔵書状況の収集対象としている図書館は、下記の16都府県の262図書館です。

  • 東京都 49 図書館
  • 神奈川県 16 図書館
  • 埼玉県 17 図書館
  • 山梨県 3 図書館
  • 岐阜県 24 図書館
  • 三重県 42 図書館
  • 京都府 6 図書館
  • 大阪府 14 図書館
  • 兵庫県 4 図書館
  • 岡山県 31 図書館
  • 広島県 11 図書館
  • 佐賀県 13 図書館
  • 大分県 10 図書館
  • 和歌山県 15 図書館
  • 鹿児島県 4 図書館
  • 熊本県 3 図書館

今後、当サービスが把握対象とする図書館の地域の充実などを図り、ユーザーにより豊富な選択肢の提供をおこなっていきます。

Knezon [クネゾン]

クネヒト、ハザードマップに関する情報処理技術について松下電器と業務提携

株式会社クネヒト(本社:東京都千代田区 代表:萩原直人)は、同社の事件・事故情報をタイムリーに自動でGoogle マップ上に表示するサービス「Knecht ハザードマップ」の情報処理技術が、松下電器産業のサービス「くらしの防犯サイト」に採用されたことを発表いたします。

1.松下電器産業のウェブサイトへの「Knecht ハザードマップ」導入概要

松下電器産業が製造・販売するプラズマテレビ・液晶テレビ上で展開されるインターネット・サービスで運営されている防犯サービス「くらしの防犯サイト」において、各所から寄せられる防犯メールを自動的に収集・編集・管理するバックボーン・ツールとして、クネヒト・ハザードマップの機能が導入されました。

クネヒトは、引き続き「くらしの防犯サイト」のサービス向上や機能拡張を支援する予定でおります。そして、松下電器産業とのパートナーシップを通して、多くの人々が安全に、そして安心に生活できることに貢献してまいりたい所存でおります。

Page 1 of 5  Older